美的だけではない健康成分|脱脂法やレーザーでたるみを治療して目の下をすっきりさせる
ウーマン

脱脂法やレーザーでたるみを治療して目の下をすっきりさせる

美的だけではない健康成分

婦人

クッション剤として

ヒアルロン酸は健康や美容成分として取り入れられていて、皮膚に潤いを与える水分保持力が知られています。しかし、筋肉や軟骨にもヒアルロン酸はあり、年齢を重ねると徐々に減少します。中高年以上の方々にとって悩みのタネには老化現象があり、膝や肘などの関節の動きは健康を守るために重要です。美容目的で整形術が展開されていますが、関節を守る目的でもヒアルロン酸注入となる整形術が提案できます。関節の動きを滑らかにする働きをヒアルロン酸が担っていて、関節軟骨が摩耗することで痛みや腫れが発症します。体を動かすことが億劫になり、筋力までが低下するため、高齢者には重要視したい成分です。ヒアルロン酸注入による効果には、保水性と弾力性、滑らかな動きが挙げられます。

潤滑させる

美容整形のイメージは根強いものの、健康志向の方にも整形で健康が意識できます。例えば、ヒアルロン酸の成分に着眼点をおき、軟骨や筋肉へアプローチをかけることに期待ができます。骨と筋、筋肉を繋ぎ合わせるのは筋膜ですが、体の潤滑剤にヒアルロン酸が活躍しています。細胞と細胞の間を潤いで満たすことで体はスムーズな動き、しなやかさを得ることができます。特に脚周りを酷使するスポーツなどでは炎症を招きやすく、ヒアルロン酸注入で炎症を緩和できます。こうしたアプローチをかける場合、体を温めることは重要で、ヒアルロン酸は粘性が高く、体温が上昇することで滑らかなテクスチャに変化します。ヒアルロン酸注入はシワ対策にも利用される整形術ですが、注入した後は肌にもしこりができる場合もあり、滑らかにするケアは必要です。注入後、数日のダウンタイムを取り、マッサージや代謝アップを図ることで、動きやハリを維持でき、生産性アップにも繋がります。